Top >  上手な道具のそろえ方 >  必要備品

必要備品

【ハカリ】


粉の重さを量るためのハカリは

1周で1s用が便利ですよ。


そば粉とつなぎ粉を同時に入れる

ボールが必要です。


ひとつのボールに、そば粉とつなぎ粉を入れるので、

ボールはひとつでいいんですよ。


例えば、そば粉400gつなぎ粉100gにする場合、

そば粉400g入れたらその上に、つなぎ粉100gを入れ

合計500gにするんです。


ハカリは空のボールを載せたときに

目盛を0にしておくと

正確な分量がわかりますよ。


めん切りでタッパに保存しておく場合、

空のタッパを載せたときに

目盛を0にしておくと、正確な分量がわかります。


ハカリは粉用とめんの保存用にと

2個あると専用にできるので

とても便利ですよ。


ハカリの受け台が小さいと

タッパを載せたときに不安定なので

大きい物にするといいですよ。


【計量カップ】


500mlの目盛がついているものを用意してください。


【ふるい】


粉に混ざった小さなゴミや、

そば殻のかけらなどを取り除けるように

ある程度目の細かいものがいいですね。


目の細かさをメッシュといいますが、

30程度(数字が増えるほど細かい)が

いいと思います。


実は私は使っていないんですよ。

見た目、不純物がないようなら

使わなくてもいいと思います。





ちなみに、以下のような情報をお探しの方はこちらをご覧ください
【手打ちそば初心者の方が見ている人気ページです】

初心者用のそば打ち道具のセットをお探しの方はこちら

         

上手な道具のそろえ方

高ければ良い物だと断言できません
使いやすく、できれば安く手に入れば最高だと思います
初めて手打そばをやる人に、何が必要なのかアドバイスしたいと思います

関連エントリー

必要備品
こねるときに使う道具
のばすときに使う道具
切るときに使う道具
ゆでるときに使う道具




手打そばの作り方メールセミナー  初心者でも作れる【手打そばの作り方講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録