Top >  そばつゆの作り方 >  そばつゆの材料

そばつゆの材料

【昆布】


美味しいつゆを作るには、

なんと言ってもダシの出る

昆布ですよね。


昆布にはいろいろあるんですよ。


有名な日高昆布とかいろいろ使ってみたのですが

一番ダシがでるのは

「はぼまい産」なんですよ。


北海道根室半島歯舞で取れる昆布です。


アルカリ性自然食品で成人病の予防や、

ミネラルの補給源として評価されております。


ぬるま湯に浸し

15分程度でだしがでます。


お急ぎの場合は

2〜3分水に浸して火にかけます。


あまり長く煮ると昆布特有の青みが出て、

味を損なう事になりますので注意してくださいね。


私は北海道生まれなので、

北海道の親戚に聞いて

良い昆布がないか聞いたり、探したりしたんですよ。


価格も安く、

80gで700円で最高の昆布です。


だしの取り方にもコツがあるので

手順のほうで説明しますね。


【削りかつお】


ちょっと贅沢ですが、私は問屋さんから

宗田節厚削りかつおを買って使っています。


もちろん最高のだしがでるんですよ。


【醤油」】


当初値段の安いものを使っていたのですが、

日持ちが悪く味が落ちるることがわかったので、

高い物を使っているんですよ。


商品の名前は出せませんが、

ゴールドのキャップです。


【みりん】


普通の物を使っています。





ちなみに、以下のような情報をお探しの方はこちらをご覧ください
【手打ちそば初心者の方が見ている人気ページです】

初心者用のそば打ち道具のセットをお探しの方はこちら

         

そばつゆの作り方

打ちたてのそばを美味しく味わうには、
つゆにもこだわってみてはいかがでしょか

私の師匠は市販の物をブレンドして使っていたんですよ
でも私は、こだわりで本格的につゆも自家製で作ろうと思い
試行錯誤の結果、現在の味になり評価いただいているんですよ

冷たいそば用は辛汁、温かいそば用は甘汁なんです

関連エントリー

そばつゆの材料
手順




手打そばの作り方メールセミナー  初心者でも作れる【手打そばの作り方講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録