Top >  二八そばの作り方 >  水回し前半

水回し前半

こね鉢が動かないように、

下にぬらしたふきんを敷き

安定をよくするといいでしょう。


全身の力を必要とします。

しっかり腕をのばして

両手をつくことができる高さにしましたか?


低すぎると腰が痛くなりますよ。


それではボールに入ったそば粉とつなぎ粉を、

ふるいにかけながら

こね鉢に入れてください。


次に粉を混ぜます


両手の指先をこね鉢に立てて粉をよく混ぜ、

そば粉とつなぎ粉がムラなく混ざるようにします。

30秒もやればいいでしょう。


次に粉の中央を手であけて、

水をはじめに200ml加えます。


水は一度にすべて加えると、

部分的に水分の多いところが

できる場合があります。


均一に混ざりにくいため

2〜3回に分けて投入します。


左手でそば粉とつなぎ粉を混ぜた後に、

右手に水の入ったカップを持ち、

水をチョロチョロと200mlを投入します。


そのとき、

左手は粉をかき混ぜています。


200mlの水を投入したら

両手でまわりから粉を指先でかき上げるように

混ぜていきます。


ベタットした部分と粉っぽい部分とがなくなるように

指先で全体をよく混ぜ合わせてください。


このとき良いそば粉は、

凄くいい香りがします。


実はそば打ちの過程で

一番そばの臭いがする場面なんですよ。


必ずこね鉢に顔を突っ込んで

確認してくださいね。


この香りは、

そば打ちしている人しか

味わえない体験なんです。


見学した人には

必ず香りを体験してもらっています。


これも美味しいそばを食べるコツのひとつですね。





ちなみに、以下のような情報をお探しの方はこちらをご覧ください
【手打ちそば初心者の方が見ている人気ページです】

初心者用のそば打ち道具のセットをお探しの方はこちら

         

二八そばの作り方

小麦粉をつなぎにするので
初めての人でも打ちやすいのが二八そばです
粉に水を均一に混ぜる「水回し」という作業がそばの仕上がりを決定づけます

のばすときは多少ゆがんでも気にせず、
手早く打って生地を乾燥させないのがポイントです

関連エントリー

準備
水回し前半
水回し仕上げ
くくる
のばす前半
のばす仕上げ
たたむ
切る基本
切る裏技
切る保存
切るコツ 
切った後の裏技
ゆでる準備
ゆでるコツ
美味しく食べるコツ




手打そばの作り方メールセミナー  初心者でも作れる【手打そばの作り方講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録