Top >  二八そばの作り方 >  のばす前半

のばす前半

円球の生地を「のし台」に置き、

片手で押し平らにします。


直径約20pの平らな円形にしてくださいね。

円形は後々重要なんです。


私は、丸い直径23pのお盆の中に入れて

平らに押して、のし台の上にひっくり返して生地を出します。


するとまんまるなんですよ!


手だとなかなか円形にならないのですが、

この方法だと簡単に円形になります。


お盆の底には打ち粉を敷くことを

忘れないようにしてください。

くっついて取れなくなりますよ。


次に、のし棒で円を少しづつ大きくしていきますが

のし棒の持ち方には注意が必要なんですよ。


のし棒を包むように持ってはダメなんです。


すぐ生地に指先が当たり

穴があいてしまいますよ。


ねこの手のように、

両手の指先を内側に折りたたみます。


そして折たたんだ指先をのし棒につけ

両手を左右にスライドさせながら、

のし棒を回転させて前後移動させるんです。


そうすると段差がつかない表面になりますよ。


このへんはマスターするまで

ちょっと大変かもしれませんが、

最初は力を入れすぎずやってみてくださいね。


特に、のし棒が端まできたら

力を緩めないと薄く斜めになってしまいます。


端の手前で止めたほうがいいですよ。


生地を手で回転させながら広げるので

端までいかなくても

次の工程で平らになるからいいのです。


だんだん薄くなってきたら、

注意して回転させます。


打ち粉を時々かけないと

端が切れてしまうので注意してくださいね。


一度切れたり、穴があいてしまったところは

修正できませんからね。





ちなみに、以下のような情報をお探しの方はこちらをご覧ください
【手打ちそば初心者の方が見ている人気ページです】

初心者用のそば打ち道具のセットをお探しの方はこちら

         

二八そばの作り方

小麦粉をつなぎにするので
初めての人でも打ちやすいのが二八そばです
粉に水を均一に混ぜる「水回し」という作業がそばの仕上がりを決定づけます

のばすときは多少ゆがんでも気にせず、
手早く打って生地を乾燥させないのがポイントです

関連エントリー

準備
水回し前半
水回し仕上げ
くくる
のばす前半
のばす仕上げ
たたむ
切る基本
切る裏技
切る保存
切るコツ 
切った後の裏技
ゆでる準備
ゆでるコツ
美味しく食べるコツ




手打そばの作り方メールセミナー  初心者でも作れる【手打そばの作り方講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録