Top >  二八そばの作り方 >  切る裏技

切る裏技

10回ほど切ったら

包丁を一旦置いてくださいね。


切っためんの端を右手でまとめて

全部軽く握って持ちます。


持っためんを打ち粉の中に入れます。

めんは離さないでね。


打ち粉入れは

平らなフタ付きのタッパがいいですよ。

後々保存もしやすいので便利なんです。


左手で切り口に

打ち粉をふりかけてください。


2〜3回かけたら、

かるく振って粉を落としてくださいね。


このときに、

めんが均等の太さに切れているか確認します。


右手で持っているめんの反対側の端を

左手に持ち替えます。


持っためんを打ち粉の中に入れます。

めんは離さないでね。


右手で切り口に打ち粉をふりかけてください。


2〜3回かけたら、

かるく振って粉を落としてくださいね。


めんの切り口に打ち粉を付ける目的は

二つあるんです。


一つは、ゆでるときに

「めん」と「めん」くっつかないため。


もう一つは、長く保存できるのです。


このように面倒ですが

10回切って粉で包むことにより

上記の利点があります。


さらに、太いと思ったら

次は気をつけて切らなくてはと思いますよね。


これを一気に切ってしまうと、

太いまま切ってしまい修正ができなくなります。





ちなみに、以下のような情報をお探しの方はこちらをご覧ください
【手打ちそば初心者の方が見ている人気ページです】

初心者用のそば打ち道具のセットをお探しの方はこちら

         

二八そばの作り方

小麦粉をつなぎにするので
初めての人でも打ちやすいのが二八そばです
粉に水を均一に混ぜる「水回し」という作業がそばの仕上がりを決定づけます

のばすときは多少ゆがんでも気にせず、
手早く打って生地を乾燥させないのがポイントです

関連エントリー

準備
水回し前半
水回し仕上げ
くくる
のばす前半
のばす仕上げ
たたむ
切る基本
切る裏技
切る保存
切るコツ 
切った後の裏技
ゆでる準備
ゆでるコツ
美味しく食べるコツ




手打そばの作り方メールセミナー  初心者でも作れる【手打そばの作り方講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録