Top >  二八そばの作り方 >  切った後の裏技

切った後の裏技

当初切るときには

どうしても力が入ってしまうんですよ。


そうすると、

まな板が少しづつ前に動いてしまうので

途中で何回も元の位置に戻しました。


そこで、まな板が前に動かないように

ストッパーをまな板の手前の下側に取り付けました。


結果大成功、

これは私の裏技です。


最後まで切り終わったら

包丁に付着したそば粉を除去します。


これは次に使うとき、

すぐ使えるようにしておくためです。


この包丁に付着した粉は、

簡単にふくだけでは取れないんですよ。


私は当初、

手の爪で取ったのですがとても危険です。 


いつ手を切っていまうかと、

ハラハラドキドキもんでした。


簡単で安全に取る道具がないか

考えてみました。


結局、使っていない万能包丁が

簡単で安全に取れることがわかったので、

カス取り専用の包丁にしたんですよ。


カスを取りながら刃先の確認もできるので

一石二鳥なんですよ。


カスを取り終わったら

包丁を所定の位置に戻してください。


次に、こま板、まな板に付着したうち粉を

手で払い落として所定の位置に戻してください。


のし台に広がった打ち粉を手で集めてください。


そばの切りカスも一緒に集めます。


打ち粉の再利用をするので

絶対に小ぼうき等使わないでくださいね。


小ぼうきのカスが入ってしまいす。


空のタッパをのし台の下に入れ

そばのカスと打ち粉を手で引き寄せ入れます。


目の細かい、ふるいに2回かけ、

そばのカスを取って

打ち粉は次回また使うようにするのです。


ふた付きの薄く平らなタッパに

必ず入れてくださいね。


これが、私の節約裏技です。





ちなみに、以下のような情報をお探しの方はこちらをご覧ください
【手打ちそば初心者の方が見ている人気ページです】

初心者用のそば打ち道具のセットをお探しの方はこちら

         

二八そばの作り方

小麦粉をつなぎにするので
初めての人でも打ちやすいのが二八そばです
粉に水を均一に混ぜる「水回し」という作業がそばの仕上がりを決定づけます

のばすときは多少ゆがんでも気にせず、
手早く打って生地を乾燥させないのがポイントです

関連エントリー

準備
水回し前半
水回し仕上げ
くくる
のばす前半
のばす仕上げ
たたむ
切る基本
切る裏技
切る保存
切るコツ 
切った後の裏技
ゆでる準備
ゆでるコツ
美味しく食べるコツ




手打そばの作り方メールセミナー  初心者でも作れる【手打そばの作り方講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録