Top >  二八そばの作り方 >  ゆでる準備

ゆでる準備

大きな鍋で、

少量のそばを湯に泳がせるようにして、

ゆでるのが理想なんです。


多くの人数分をゆでるときでも

2〜3人分ずつ、ゆでるのがコツです。


そば同士がくっかないようにするためにも、

たっぷりの湯が必要なんですよ。


実は鍋の大きさにもよっても、

ゆでる時間が微妙に違ってきます。


それは大きければ大きいほど、

めんを投入したときに温度が

下がりにくいからなんですよ。


手つきのざるが入る普通の大きさの鍋だと

2人分、50〜60秒ですが、

私はお釜を使っているので30〜40秒なんですよ。


当初、私は、

生を食わしちゃいけないという気持ちがあり

50〜60秒ゆでていました。


そば通から、「ゆで過ぎだよ」と一声。


それから徐々に短くして

30秒が最高に美味しいことがわかったんですよ。


打ちたては生でも食べれるはずと

思うようになったんです。


実際はちゃんと芯までゆで上がります。


ざるそばは

細めんが美味しいです。


温めんは少し太いほうが

美味しいですよ。


そのため、太い時は

少しゆでる時間を延ばします。


ゆでたらすぐに食べてもらうため、

ゆでる前にヤクミ、つゆの準備をしてくださいね。


できれば席に着いていてもらうといいですね。


ゆでたらすぐに食べるのが

美味しく食べるコツなんです。


めんは時間がたつと、

どんどん伸びてしまうんですよ。





ちなみに、以下のような情報をお探しの方はこちらをご覧ください
【手打ちそば初心者の方が見ている人気ページです】

初心者用のそば打ち道具のセットをお探しの方はこちら

         

二八そばの作り方

小麦粉をつなぎにするので
初めての人でも打ちやすいのが二八そばです
粉に水を均一に混ぜる「水回し」という作業がそばの仕上がりを決定づけます

のばすときは多少ゆがんでも気にせず、
手早く打って生地を乾燥させないのがポイントです

関連エントリー

準備
水回し前半
水回し仕上げ
くくる
のばす前半
のばす仕上げ
たたむ
切る基本
切る裏技
切る保存
切るコツ 
切った後の裏技
ゆでる準備
ゆでるコツ
美味しく食べるコツ




手打そばの作り方メールセミナー  初心者でも作れる【手打そばの作り方講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録