Top >  二八そばの作り方 >  ゆでるコツ

ゆでるコツ

いよいよめんを、お湯に投入します。


30〜40秒の勝負なので、

ぱらぱら投入したのでは

意味がないですよね。


めんは、いっきに投入します。


めんには打ち粉がたっぷり付いているので、

お湯に投入すると

固まりができるときがあるんですよ。


それを防ぐために、

投入したらすぐに菜箸でゆっくり混ぜます。


ゆでる時間は2人分だと30秒、

3人分だと40秒を目安にするといいですよ。


時計が近くにない時は、

「30」頭の中で数えます。


最初1回目のゆでる時間はこれでいいです。


しかし、同じお湯を使った場合、

2回目はお湯が少し濁るので、

ゆでる時間を5秒ぐらい延ばすといいですよ。


3回、4回目も少しずつ延ばしてくださいね。


同じお湯を使うのは3回が限界です。


ドロドロしてくると固まりがさらにできやすくなるので

水をコップ2杯ぐらい追加するんですよ。


ゆでたそばは、

すぐに水洗いを3回やります。


なるべく冷たい水がいいです。


夏場は3回水洗いした後に

氷水に30秒ぐらい入れると、めんが締まります。


ゆでたときに、めんは膨らみますが、

冷たい水で洗うことによりキュと締まるんですよ。


これが腰のあるそばのコツです。


冬場は水が冷たいので

締まって腰があるんですよ。





ちなみに、以下のような情報をお探しの方はこちらをご覧ください
【手打ちそば初心者の方が見ている人気ページです】

初心者用のそば打ち道具のセットをお探しの方はこちら

         

二八そばの作り方

小麦粉をつなぎにするので
初めての人でも打ちやすいのが二八そばです
粉に水を均一に混ぜる「水回し」という作業がそばの仕上がりを決定づけます

のばすときは多少ゆがんでも気にせず、
手早く打って生地を乾燥させないのがポイントです

関連エントリー

準備
水回し前半
水回し仕上げ
くくる
のばす前半
のばす仕上げ
たたむ
切る基本
切る裏技
切る保存
切るコツ 
切った後の裏技
ゆでる準備
ゆでるコツ
美味しく食べるコツ




手打そばの作り方メールセミナー  初心者でも作れる【手打そばの作り方講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録