Top >  はじめに >  そば打ちの流れ

そば打ちの流れ

私には師匠がいましたが、

1から10まですべて教わった訳でなく、

半分以上は独自で覚えたんですよ。


でもどうしてもわからない事は、

後になって本を買ったり

そば教室やプロの実演などガラス越しに技を盗みました。


間違った手順、考えを省くためのコツを教えます。

文章では理解しにくいところもあるかと思いますが

なるべくわかりやすく説明しますね。

 
はじめにそば打ちの流れを知っておきましょう。


そばは、乾燥させないように

手早く打つのがポイントです。


そば打ちの工程には、

ふだん聞きなれない言葉が多いので

はじめにどんな作業をするのか確認してくださいね。


【こねる】


水回し → そば粉に水を均一にいきわたらせ

       フレーク状にする


くくる → 水のいきわたった粉を、手のひらを使って

      ひとつまとめて、そば玉にする


練る → そば玉をよく練って粘りをだしながら、

      練り筋を 一箇所に集める


へそ出し→練り筋をなくすようにして転し、

       きれいなそば玉を作る 


【のばす】


丸出し → 丸い形のまま手で押してのばし、そのあとに

      めん棒である程度生地を薄くする


四つ出し→めん棒を使って生地を4方向にのばし

       四角い形にする


にく分け→生地の厚さのムラをなくすように、

       厚さを確認しながら、めん棒でのばす


【切る】


たたむ → 生地を切りやすいように、

       めん棒を使って折りたたむ


切る → 定規のかわりになるこま板を当てて

      同じ幅に生地を切り、そばをさばく


【ゆでる】


ゆでる → ゆですぎるとのびてしまうので、

      短時間でゆで上げる


洗う → ぬめりをとって、コシができるように、

      ゆであがりを手早く洗う


ざるに盛ってできあがり


ゆでたらすぐに食べてほしいので、

ゆでる前に、つゆ、やくみ等

用意しておくようにしたほうがいいですね。





ちなみに、以下のような情報をお探しの方はこちらをご覧ください
【手打ちそば初心者の方が見ている人気ページです】

初心者用のそば打ち道具のセットをお探しの方はこちら

         

はじめに

手打そばを始めて3年、そば通でもなかった私がこんな偉そうな
ことを書いていいものかちょと気になりますが、あくまでもこれから
趣味でやる方へのアドバイスと思ってください。

趣味は定年後では遅いです、さあ〜始めましょう

関連エントリー

飽きないための心構え
そば打ちの場所を決める
そば打ちの流れ




手打そばの作り方メールセミナー  初心者でも作れる【手打そばの作り方講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録