Top >  そばつゆの作り方 >  手順

手順

2リットルのペットボトルに

6本分のだしを作ります。


昆布のダシを取るために

大きめのボールまたは鍋に水を入れ

昆布を10枚ぐらい入れます(長さ22p)。


よいだしを取るには冷水で時間をかけ、

だしを取るんですよ。


冷蔵庫に10時間ぐらい入れておきます。


通常は水を沸騰させダシを取るのですが、

急がない時は時間をかけ

昆布のだしを取った方がいいですよ。


次に「削りかつお」のだしを取ります。


水4リットルに宗田節厚削りを1袋(約500g)を入れ

強火にかけます。


沸騰する直前に弱火にし

2〜3分煮ます。


同時に昆布のだしも強火にかけて、

沸騰する直前に火を止めます。


かつおと昆布のだしを混ぜます。


十分に混ぜたら、

2リットルのだしを、そばつゆに使います。


残りの4リットルは冷えてから冷凍庫に入れ、

凍らせ保存します。


次回そばつゆを作るときに

解凍して使うんですよ。


基本は2リットルのだしに、

0.5リットルの醤油、

0.5リットルのみりんを混ぜ煮ます。


冷たいそば用のつゆは、

甘めより辛めの方がいいですよ。


味をみながら醤油を追加します。


1リットルぐらい入れても

大丈夫なんですよ。


辛汁はペットボトルに入れて、

3日ほど冷蔵庫に入れて

味をなじませてから使います。


味がなじむと辛さが少し薄れる傾向にあるので、

作った時はかなり辛くするんですよ。


冷蔵庫で3週間保存できます。

ただし安い醤油を使うと半減しますよ。





ちなみに、以下のような情報をお探しの方はこちらをご覧ください
【手打ちそば初心者の方が見ている人気ページです】

初心者用のそば打ち道具のセットをお探しの方はこちら

         

そばつゆの作り方

打ちたてのそばを美味しく味わうには、
つゆにもこだわってみてはいかがでしょか

私の師匠は市販の物をブレンドして使っていたんですよ
でも私は、こだわりで本格的につゆも自家製で作ろうと思い
試行錯誤の結果、現在の味になり評価いただいているんですよ

冷たいそば用は辛汁、温かいそば用は甘汁なんです

関連エントリー

そばつゆの材料
手順




手打そばの作り方メールセミナー  初心者でも作れる【手打そばの作り方講座】
【名字】
【メールアドレス】






Yahoo!ブックマークに登録